不動産投資

不動産投資について

分譲マンション1室からアパート・マンションと幅広くありますが、そのすべてに【リスク】と【リターン】があります。そのため適切な市場調査、運用方法が必要です。

不動産購入後アパマンショップ店舗での積極的な客付けも可能です。

不動産投資のメリット

下記、不動産投資のメリットをご紹介します。

安定収入

入居率が高ければ安定した収入が期待できる。

安定収入 画像

節税効果

赤字になった場合、給与収入と損益計算し納めすぎた所得税を還付させる事ができる。

節税効果 画像

私的年金の確保

賃貸収入で長期的・安定的に資産形成していくことができる。

私的年金の確保

相続贈与税対策

現金は時価に対して課税されるが、不動産は路線価などから算出した評価に対して課税になるため額を少なくできる。

相続贈与税対策 画像

不動産投資のデメリット

下記、不動産投資のデメリットをご紹介します。

空室リスク

空室となって家賃収入が入ってこない月であってもローン返済をしなければならない。

空室リスク 画像

家賃滞納リスク

家賃支払いが現実的にむずかしくなった場合(リストラなど) 回収が最悪出来ない場合もある。

家賃滞納リスク 画像

家賃下落リスク

市場状況などにより家賃下落があれば、 見込んでいた収入を確保できなくなり賃貸経営に影響をおよぼす。

家賃下落リスク画像

金利上昇リスク

変動金利型を選択した場合金利が上がると支払いが増えていく。

金利上昇リスク画像

不動産投資で利益を得る方法

  • 『インカムゲイン方式』

    不動産を借主に賃貸して家賃収入で利益を得る方式

  • 『キャピタルゲイン方式』

    投資用の不動産を価格が低い時に購入し、景気や需要の変動によりその価格が上昇した時に売却することによって利益を得る方式

購入の流れ

①情報収集 情報誌・チラシ・新聞・インターネット・不動産会社などで情報集め
②購入物件の確認 入居状況、現在の家賃収入など物件を確認する
③資金計画 収入・支払などのプランを作成し収支計画をたてる
④物件決定 購入申込み
⑤契約 条件・支払計画・引渡しなどを調整し契約を交わす
⑥融資手続き 融資が降りたらローン契約を締結する
⑦決済 残代金の支払いを行い引渡しを受ける
⑧管理委託 物件管理を不動産会社に頼む場合は、管理委託契約を結び委託する

おすすめ物件

物件名

価格:-万円

間取り:-

徒歩-分

物件名

価格:-万円

間取り:-

徒歩-分

物件名

価格:-万円

間取り:-

徒歩-分

物件名

価格:-万円

間取り:-

徒歩-分